MENU

統合医療のラ・ヴィータ統合医療クリニック医療法人ふじいやさか
ラ・ヴィータ統合医療クリニック

06-6203-1180 ラ・ヴィータ統合医療クリニックのお問い合わせお問合せ ラ・ヴィータ統合医療クリニックのfacebookfacebook
診療案内TOP
発達障害
妊活サポート
アレルギー
花粉症
疲労リセット
下肢静脈瘤 下肢静脈瘤
花粉症

Hay Fever

もともと備わっている免疫のちからを整える

花粉症

もともと備わっている免疫のちからを整える

花粉症の症状

  • 花粉症花粉の時期になるとくしゃみが出る
  • 鼻水鼻水が止まらない・鼻が詰まる
  • 肌が荒れて痛い肌が荒れて痛い
  • 目がかゆい目がかゆい

花粉症に対する当クリニックの取り組み

一度花粉症になると、毎年花粉が飛ぶ季節にアレルギーの症状が出ます。
今までは花粉症ではなかったのに、今年から突然発症したという方もおられるのではないでしょうか。
マスクで対策しても、目のかゆみや鼻水で苦労されている方は多いと思います。

当クリニックは、統合医療という方法を用いて、
花粉症のアレルギー反応に対してアプローチをすることで、
花粉症を根本的に治療する可能性を持つ医療を提供します。

脳

花粉症のアレルギー反応の原因と対処法

アレルギーは、一言でいうと、自分の身体の免疫システムが抗原(アレルゲン)に反応しすぎている状態です。
免疫反応は、大きく分けると3段階あります。
①まず、抗原(アレルゲン)が体内に入ると、白血球の一種であるマクロファージが抗原を捕食します。
②次に、ヘルパーT細胞が活性化して、B細胞に情報を与え、B細胞が抗体を作ります。
③肥満細胞と結合した抗体がある状態で抗原が入ってくると、ヒスタミン等が出てヒスタミン受容体と結びつき、アレルギー反応が起こります

3つの段階それぞれで体内に炎症が起こるため、各段階で炎症が起こりにくくすれば、アレルギーは収まります。

花粉症に対する統合医療のアプローチ

身体のどの部分に花粉症の原因があるのかを特定する

[ アプローチ1 ]
身体のどの部分に花粉症の原因があるのかを特定する

当クリニックでは、バイオレゾナンスという機械を用いて、身体の異常部分を見つけることができます。バイオレゾナンスについては、こちらをご覧ください。

炎症を起こすマクロファージやリンパ球を減らす

[ アプローチ2 ]
炎症を起こすマクロファージやリンパ球を減らす

LPSやビタミンDを投与したり、特にリンパ球が集中する小腸の細胞機能を修復することにより、炎症を起こしにくい非炎症系のマクロファージやリンパ球を活性化させることができます。

炎症を起こすサイトカインが生成されにくくする

[ アプローチ3 ]
炎症を起こすサイトカインが生成されにくくする

サイトカインにも炎症を起こしやすいものと起こしにくいものがありますので、ビタミンEやオメガ3を投与することにより、非炎症系のサイトカインが生成されやすい身体にすることで、花粉症の症状が出にくくします。

花粉症治療法の比較

花粉症には様々な治療法があります。

  統合医療 レーザー治療 免疫療法 薬物療法
治療形態 原因療法 原因療法 原因療法 対症療法
効果が期待できる範囲 花粉症を含むアレルギー全般(ぜん息・アトピー・蕁麻疹) 花粉症一般 現時点ではダニアレルギーとスギ花粉アレルギーのみ 花粉症を含むアレルギー全般(ぜん息・アトピー・蕁麻疹)
メリット 適応範囲が花粉症に限らない。細胞の機能に対してアプローチすることにより、治癒または長期寛解が期待できる。 特に鼻づまりに有効。30分程度で終わり、比較的長時間の効果が期待できる。 治癒または長期寛解が期待できる。新たなアレルギーの進展を予防する効果も期待できる。 薬を飲むだけなので、気軽に症状を抑えることができる。 薬を飲むだけなので、気軽に症状を抑えることができる。
デメリット 自由診療であるため、治療費が高くなる。3ヶ月から半年程度の治療期間が必要。 手術後は鼻づまりがひどくなる。肌、喉や目の炎症には効果がない。 保険適応の治療の中で最も高く、最低3年程度の治療継続が必要。また、毎日アレルゲンを舌下に滴下する必要がある。 薬の副作用がある(眠くなるなど)。根治はできない。

【ご注意】
アレルギーは、遺伝的な原因によって発症することもありますが、そのようなアレルギーについては対処が難しいことがあります。重度の炎症については、従来の医学的療法を併用する必要があるため、薬による副作用が生じることがあります。治療をしたとしても、他の原因が理由で治癒に至らないまたは効果が認められないこともあります。また、点滴治療を行う場合は1時間から2時間程度の時間を要しますので、あらかじめご了承ください。

花粉症の治療の流れと費用

当院では、花粉症の治療に力を入れております。
下記の流れで自費治療を提供しています。

花粉症の治療の流れと費用

お身体の状態を詳しく検査します

初診お身体の状態を詳しく検査します

バイオレゾナンスで全身の検査を行い、その日のうちに検査結果を医師より説明し、今後の治療内容についてご提案します。

【チェック項目】
重金属などの有害物質の蓄積、解毒機能、腸内環境、ビタミン、ミネラル、細胞膜機能、ストレス、視床下部-下垂体-副腎機能、自律神経系、エネルジェティックな問題

治療の第一歩として解毒治療~Naturopathic Detox Therapy~を開始します。

バイオレゾナンス再診検査

1ヵ月後バイオレゾナンス再診検査

解毒が不十分な場合は、解毒を促進させる点滴を行います。
その他にも副腎疲労や腸の修復の為の点滴療法を行う場合があります。

バイオレゾナンス再診検査

2ヵ月後バイオレゾナンス再診検査

毎回バイオレゾナンスの検査を行いながら、月に1回のペースでご来院頂きます。その時のお身体の状態に合わせた治療を組み合わせていきます。
神経の修復のためのハーモナイズトリートメント(バイオレゾナンスによる正しい周波数を送るトリートメント)や、水素療法~HYDORO-BIORESONANCE THERAPY®~の水素ガス吸入や水素足浴、点滴療法などを行います。

バイオレゾナンス再診検査

6ヵ月後バイオレゾナンス再診検査

6回目の治療が終わった段階で、治療は一旦終了となるケースが多いですが、継続が必要な場合は引き続き必要な治療を行います。(月1回のご来院で2回程度が目安)。治療終了時にはこれまでの治療経過についてご報告を致します。また、日常生活で心掛けて頂くことや、フォローの頻度(必要な場合のみ)についてもご提案させて頂きます。

当院の治療はセミオーダーメイド治療と完全オーダーメイド治療で提供しており、
6ヵ月間のプログラムをご用意しております。

約¥144,000~約¥238,000
(月1回治療の6~8か月 ※税別)

※症状や体質によって治療内容が変わった場合は、上記金額より高くなる場合があります

料金の内訳

料金に含まれるもの:解毒治療の初回サプリメントセット、バイオレゾナンス検査、ハーモナイズトリートメント、水素療法、点滴療法


含まれないもの:サプリメント

ご予約はこちら≫

Q&A

  • Q.アレルギーは完治するのか?
  • A.完治できると断言することはできないのですが、症状を緩和させたり、治癒に近づけていくことは可能だと考えます。体質や生活習慣も関わってくるところですので、それぞれの患者様に寄り添う治療を行っていけたらと思います。

MORE(Q&A)≫

お問い合わせ

各種お問い合わせにつきましては、以下に必要事項をご記入の上送信してください。
後日当院よりご連絡差し上げます。

お問い合わせ内容
お名前 *
フリガナ
性別 *

年齢 *
お電話番号
Email *
 上記の内容を 

ラ・ヴィータ統合医療クリニックのセミナー ラ・ヴィータ統合医療クリニックへのお問い合わせ
ラ・ヴィータ統合医療クリニックのメールマガジン drcleanz 日本ホロス臨床統合医療機構

トップへ戻る