ラヴィータ
医療法人ふじいやさか ラ・ヴィータ メディカルクリニック

HOME ≫ 病院のご案内 ≫ Blog

Blog

生命と向き合い、病気の原因を知る

[ Blog ]

朗報

news 2017年11月11日

バイオレゾナンスを導入したいドクターにとって朗報です。
昨年から開催しているパウル・シュミット式バイオレゾナンスセミナーですが、明日から基礎講座第3期が始まります。

初めてのセミナーであり模索段階でありましたが、先月、ようやくマスター講座を修了し、認定試験に合格した2名が振動療法医と認定されました。
基礎講座、マスター講座と半年ずつしておりましたが、それぞれ成長されるには個人差があります。そのため、今月からはプレマスター講座を設定しました。
基礎講座(6ヶ月)、プレマスター講座(2ヶ月)、マスター講座(6ヶ月)となります。

なぜ、プレマスターを設定したのかというと、技術の習得には個人差があることのほかに、仮にマスター講座まで習得されたドクターにとって、現在の診療に導入するのに時間的な制約などがありなかなか導入しにくいという問題があります。
そこで、ドイツでもクリニックなどではドクターではなく、自然療法士がバイオレゾナンスを実施されておられ、ドクターはそこに任せております。
日本でも、クリニックで導入するには、そのような役割をする人が必要であると思われました。

医療従事者、代替療法家ではない方でも、プレマスターまで行かれた方は、振動療法アドバイザーとなり、その後、解剖生理などのセミナーと症例報告を提出してもらい、最終試験を受けていただき、そのあとに振動療法士として認定することにしました。
したがって、一般の方でも、バイオレゾナンスのセラピストになれるというコースを設定したということです。
もちろんそれでサロンの開業もできますし、理解のあるドクターとの連携もできるため、導入したくても時間がなかったりできないドクターにとっても、有効な連携がとれると思います^^
2017reso.jpg

New Blog

タグクラウド

  1. LPS
  2. ガン
  3. ジオパシックストレス
  4. デトックス療法
  5. バイオレゾナンス
  6. バイオレゾナンスアカデミー
  7. 世界一受けたい授業
  8. 月ヶ瀬健康茶園
  9. 有福温泉
  10. 水銀
  11. 看護師
  12. 胎児の危機
  13. 花粉
  14. 著書
  15. 赤ちゃん番茶


上へ戻る