MENU

統合医療のラ・ヴィータ統合医療クリニック医療法人ふじいやさか
ラ・ヴィータ統合医療クリニック

06-6203-1180 ラ・ヴィータ統合医療クリニックのお問い合わせお問合せ ラ・ヴィータ統合医療クリニックのfacebookfacebook
院長ブログ
お知らせ
セミナー
統合医療ブログ

Lavita Information

生命と向き合い、病気の原因を知る

バイオレゾナンスに関する演題を3題発表2019年12月 8日

昨日から鹿児島で統合医療学会が開催されていますが、バイオレゾナンスに関する演題を3題発表させて頂きました。

『バイオレゾナンスを用いた自閉症児に対する音楽療法の効果についての検討』

『ドイツ振動医学バイオレゾナンスと鍼灸治療との組み合わせにより改善した滲出性中耳炎の一例』

『統合医療におけるドイツ振動医学バイオレゾナンスが担う中心的な役割とその必要性』

三つ目は、私の発表でしたが新潟での発表とブッキングしたため、当院の山口Dr.に代役していただきました。

いろいろ反響があったようで、今後、バイオレゾナンスアカデミーを卒業した人が経験した症例を発表していただければ、バイオレゾナンスの有効性のエビデンスをさらに蓄積できると思います。

私の発表内容としては、5年間のバイオレゾナンスをもとに治療してきた集大成のデータを発表しました。

5年間で統合医療で受診したら方は827人で、3か月以上通院した427人に対してまとめました。

アレルギー、ガン、副腎疲労、精神神経疾患の順に多く、ガン以外の疾患の改善率は約80%でした。
残念ながらガンはほとんどが末期で再発例であり44%でした。

通院した人のうち8割の人が西洋医学の治療を受けてても改善しない方でした。

その中で、改善率が8割超えるというのは、驚異的な数字で、それはまさに当院が提唱している

①解毒(現在では、MEGURU30を使います、MEGURU30はここで購入できます。
https://www.drcleanz.com/meguru30
②分子栄養医学的に見て必要な栄養素をサプリメントや点滴などで補充
③バイオレゾナンスで振動療法(体内環境が整ったことで、振動により周波数調整が持続します)

これらの治療法がハーモニーを奏でるかのように相乗効果をもたらしている結果と思います。

3人の先生方、お疲れ様でした^_^

78528030_2580892432002134_8456909434684178432_n.jpg

トップへ戻る