ラヴィータ
医療法人ふじいやさか ラ・ヴィータ メディカルクリニック

HOME ≫ 病院のご案内 ≫ 書籍

書籍

ガンと闘わない治し方

[ 著書のご紹介 ]

ガンと闘わない治し方 ガンになっても『安心できる』13の実話 amazon

ガンと闘わない治し方 ガンになっても『安心できる』13の実話

森嶌淳友(もりしまあつとも) (著)

  • 発売日:2016/4/27
  • 出版社:ヒカルランド
  • ISBN-10:4864713707 /ISBN-13:978-4864713702
  • 単行本(ソフトカバー):¥1,750

【内容紹介】

免疫ビタミンLPSが話題の杣 源一郎客員教授(香川大学)とホリスティック医学の第一人者で知られる帯津良一医師、推薦! 『森嶌先生は、免疫力を高めてくれるすごい医師です』――杣 源一郎氏。
『統合医学の基本は哲学とそれに基づく戦略的思考である。本書はその恰好な手引書である』――帯津良一氏。

末期ガンでも自然と治っていく人がいるのはなぜか? 統合医療[現代西洋医学×代替療法×意識改革/気づき力]で、抗ガン剤を使わずに100%治癒に向かう――人生を絶望・恐怖から喜び・幸せに導いた医師が明かすガン治療13の実話録。
「ガンは怖いもの、死に直結するものというイメージが蔓延しており、この恐怖感は、人々を萎縮させ、病院での3大療法(手術、放射線、抗ガン剤)を受けざるを得ない状況に追い込んでいる実情があります。この本を読むことで、病院での治療方法以外の方法も世の中には存在し、その有効性を理解していただき、病気の本質を理解し、今後の人生において活用してもらえるようになればと思います」(本文より)。

ガンの大きな原因は免疫力の低下――「肉体」「心」「エネルギー」のバランスをホリスティック(全人的)にとらえることが治癒の鍵となる! 〈病状によって様々に組み合わされる治療法〉バイオレゾナンス:体の周波数の共鳴反応(波動医学)測定から根源的な原因を探り治療/高濃度ビタミンC点滴:血中のビタミンCを増大させ抗ガン作用を引き出す/ヒーリング:肉体、心、魂に繋がる7層のオーラとチャクラのエネルギーを整える/αリポ酸点滴、オゾン療法:酸素欠乏状態を作るガンに、血中の酸素を増やしクレンジング/体内の重金属除去、腸内環境の改善、免疫ビタミンLPSを含む食事療法、体温を上げる:免疫力を高めて活性化......etc.

『ガン細胞に感謝の念を送ってください』意識を変えれば、自然治癒力は最大限引き出されます
「ガンをたたくこと、果たして、それがすべてでしょうか?ガン細胞であってもそれは自分の細胞です。
ガン細胞を攻撃すること、すなわち、自分を攻撃することになります。いい加減自分を攻撃することを辞めませんか?ガン細胞も認めてください、許してあげてください。愛情を送れば、ガン細胞も癒されます。
ガン細胞があっても、免疫力をしっかり上げて、感謝の気持ちを持っていけば、共存することも可能です。
ガンが悪いわけではないのです、ガンを作り出したあなたの思考、癖が悪いのです」(本文より)。


上へ戻る