ラヴィータ
医療法人ふじいやさか ラ・ヴィータ メディカルクリニック

HOME ≫ 統合医療 ≫ 点滴療法  ≫ アルファリポ酸点滴

アルファリポ酸点滴

重金属を解毒し、自己治癒力を高めるαリポ酸

[ アルファリポ酸点滴 ]

重金属を解毒する
"アルファリポ酸点滴"

強力な抗酸化作用があり、体内で使われたビタミンCやビタミンEをリサイクルし、
さらには肝臓の代謝を改善したり、食中毒や重金属中毒の解毒作用に
効果を発揮し自己治癒力を高めます。

フリーラジカルを中和するアルファリポ酸

活性酸素の他、ストレスやタバコ、化学薬品、食品添加物などのフリーラジカルは、様々な病気の要因として考えられています。
アルファリポ酸は体内の解毒酵素を活性化する働きを持つ硫黄化学物で、フリーラジカルを体内から排出するのに優れた抗酸化作用があることから、病気の改善に寄与してくれるのです。

  • 肝機能回復

    肝機能回復

    様々なストレスを受けると、肝臓がアルファリポ酸を十分に合成できないので、体内生産に十分なアルファリポ酸を投与し肝機能を回復させます。

  • ミトコンドリア

    ミトコンドリア回復

    細胞の膜を傷つける活性酸素を減らしたり、除去し、細胞の中で、一番酸素が使われるミトコンドリアの細胞を回復させます。

  • キレーション

    キレーション作用

    ヒ素、カドミウム、水銀を体から除去することができ、重金属の有害な影響を低下させます。

  • エネルギー生成サポート

    エネルギー生成サポート

    ブドウ糖を細胞内のミトコンドリアへ届けるので、熱エネルギーの生産を高めて新陳代謝を促進します。

抗酸化
ネットワーク
形成

アルファリポ酸は、水溶性と脂溶性の
どちらにも働くことができる性質を持っています。
体内の約60兆個の細胞は、外側は脂肪分が多く、内側には水分が多く含まれているため、
水にも脂肪にも溶けるアルファリポ酸は、強い抗酸化力を発揮し、
他の抗酸化物質より分子量が小さい分、小回りがきき効果も大きくなります。
また、アルファリポ酸は自らが抗酸化物質として働くだけでなく、ネットワークを作り、
他の抗酸化力を失った物質を再生し、もう1度抗酸化力のある抗酸化剤に復活させる働きもあります。

  • 水銀の解毒作用

    水銀の解毒作用

    水銀は、柔軟剤やプラスチック、薬、化粧品、プリンターのインク、歯の詰め物、家の塗料、工業用品など、私たちの生活に身近に存在しています。
    その水銀は体内に過剰に溜まると病気の原因となる重金属の中で、もっとも毒性の強い金属の一つです。
    アルファリポ酸は、高濃度の水銀をキレート(包み込んで体外に出す働き)し、解毒する作用があり、胆汁として体外へ排出してくれます。しかし、体の解毒システムが働いてないと、点滴で注入したアルファリポ酸が尿として排出してしまうので、初診から使用することはありません。
    まずは解毒システムを回復させてから点滴します。


上へ戻る