ラヴィータ
医療法人ふじいやさか ラ・ヴィータ メディカルクリニック

HOME ≫ 統合医療 ≫ 点滴療法 ≫ 血液バイオフォトセラピー  ≫ 効果

血液バイオフォトセラピー

即効性を体感できる血液クレンジング療法

[ 血液バイオフォトセラピー ]

  • 片頭痛

    片頭痛や慢性疲労

    血液バイオフォトセラピーは、総じて痛みに対して即効性があることが挙げられ、酸化された血液を注入している間に効果が体感できます。炎症が起こると痛みとして神経が感じますが、その炎症を抑える働きがあるため、特に偏頭痛には有意な効果が表れます。

  • ウィルス

    各種の感染症、ウィルス性疾患

    紫外線を照射することによって、様々な毒素を分解し、各種の細菌・ウィルスを不活性化する抗感染作用があります。その作用により、感染症や敗血症、ウィルスに効果を発揮し、抗生物質で3~4日経っても熱が下がらない扁桃腺患者への治療で、1日半で熱が下がった例や、免疫系の賦活作用により、B型肝炎やC型肝炎、アメリカではHIVの治療にも用いられています。

その他

  • 気管支喘息、COPD
  • 動脈硬化
  • C型肝炎
  • 繊維筋痛症
  • 脳梗塞、心筋梗塞の後遺症
  • 貧血
  • リウマチ
  • 冷え性
  • エイズ
  • B型肝炎
  • 糖尿病


上へ戻る