ラヴィータ
医療法人ふじいやさか ラ・ヴィータ メディカルクリニック

HOME ≫ 統合医療 ≫ 点滴療法  ≫ グルタチオン点滴  ≫ 効果

グルタチオン点滴

神経症状の改善する安全性の高い点滴療法

[ グルタチオン点滴 ]

  • パーキンソン病

    パーキンソン病

    パーキンソン病患者の脳内では、グルタチオンの量が非常に減っていることが分かっています。抗酸化物質のひとつであり、脳を様々な有害物質から守る働きがあります。また、ビタミンB12との併用で投与するのが効果的で、多発性硬化症や繊維性筋痛症などの難病指定の治療に対しても用いられます。

  • 強肝作用

    強肝作用

    肝臓の解毒作用を助ける働きもあり、点滴と抗酸化サプリメントを組み合わせることで、肝障害にも効果的です。

  • 抗酸化作用

    抗酸化作用

    様々な毒物・薬物などを排出するデトックス機能があり、有害物質を排出することで、細胞を解毒する最も重要な抗酸化物質です。


上へ戻る