ラヴィータ
医療法人ふじいやさか ラ・ヴィータ メディカルクリニック

HOME ≫ 統合医療 ≫ 点滴療法  ≫ オゾン療法

オゾン療法

日本酸化療法医学会の認定医による血液クレンジング療法

[ オゾン療法 ]

ドイツで1万人以上の医師が選んだ
"オゾン療法"

ヨーロッパでは1920年頃から使用されており、エリザベス女王も受けていたことで有名です。
ご自身の血液を100ml抜いて、オゾンと混ぜることで血液を綺麗にして、また体の中に戻します。
綺麗な血液が体の中に入ることで、その情報が他の血液全体に伝わって体全体の血液が綺麗になっていきます。
ドイツでは一部保険適応となっております。アンチエイジング、動脈硬化、がん、冷え症、糖尿病などに応用されております。

酸化療法医学会

日本酸化療法医学会の認定医による、日本で17万例の施術実績

日本酸化療法医学会は米国、ヨーロッパのエキスパートドクターとのネットワークにより、日本ではまだ知られていない治療法も、有益なものは日本に紹介する活動を行っております。
日本酸化療法医学会の認定医による血液クレンジングの施術数は、総計17万件を超え、認定医の研鑽により積み重ねられてきたものです。

  • オゾンメッセンジャー

    生物学的治療効果を担う「オゾンメッセンジャー」

    適切な量のオゾンを血液に接触させると、血液中の脂質が酸化されて、微量の活性酸素が発生します。
    発生した微量の活性酸素は、抗酸化成分に消去されるまでの短い時間のうちに、赤血球や白血球などにメッセンジャーとして働き、全身で末梢血管を拡張して血流を増やしたり、骨髄に作用して赤血球の産出を促したりするよう働きかけます。

  • before   after

    抗酸化酸素を増加させる「スーパー赤血球」

    オゾンの作用で、体内の赤血球が酸素運搬能力に優れたスーパー赤血球と呼ばれる赤血球に置き換わり、酸素化によって細胞が活性化され血行がよくなり、慢性疲労や冷え性の改善、免疫力アップや代謝アップなどが期待できます。
    オゾン効果で産出されたスーパー赤血球は真円の形をしており、約100日働きつづけることができ、流動性が増しサラサラになった血液の様子は暗視野顕微鏡で観察することができます。

酸化療法 = 抗酸化効果

血液を取り出してオゾン処理を施し、オゾンにより活性化された血液を戻していれるオゾン療法は、
酸素化によって体全体の細胞を活性化させる治療です。
すなわち、酸化療法=抗酸化効果なのです。また、併用療法の効果を増大させる作用があり、
細胞の活性化や免疫力の強化における相乗効果を発揮します。


上へ戻る