ラヴィータ
医療法人ふじいやさか ラ・ヴィータ メディカルクリニック

HOME ≫ 統合医療 ≫ 点滴療法  ≫ オゾン療法  ≫ 効果

オゾン療法

日本酸化療法医学会の認定医による血液クレンジング療法

[ オゾン療法 ]

全身の細胞の機能を、十分に健康で正常な状態にするのを助ける役割があり、非常にたくさんの病気に効果が期待されています。

  • 酸素化

    体内の酸素化

    血液クレンジングによる体内の酸素化は、赤血球内のジホスホグリセリン酸(2,3-DPG)が上がり、血流が不足している部分に酸素が供給され、末梢の血流が改善していきます。このような酸素化を繰り返すと酸素運搬能力も向上します。

  • 免疫機能

    免疫機能の向上

    血液の循環を改善するだけでなく、免疫を司る白血球に働きかけ、インターフェロンなどのサイトカインを放出させることで、免疫細胞の活性化や抗酸化酵素の増量を促し、免疫が強化されるため、多くの病気を改善・予防することができます。

  • アンチエイジング

    アンチエイジング効果

    体の免疫力を高め、体の内側から若返るという健康的なアンチエイジング方法で、細胞活性化、血液循環改善、抗酸化や、免疫強化など多彩な効果があるため、肌の健康には欠かせません。アトピーをはじめ乾燥肌や育毛などにも効果が見られます。
    酸素や栄養素を各細胞に運ぶ血液の流れがスムーズでなければ、体の変調をきたしたり、老化を促進したり、大病を招く恐れもあります。つまり、血液の健康を保つことが、体の健康、老化防止に直結します。

  • 抗酸化力

    抗酸化力の変化

    オゾン化された血液は、細胞内の抗酸化酵素(SOD、カタラーゼ、グルタチオンなど)が増量されるため、酸素飽和度が非常に高く、抗酸化力が強化されています。


上へ戻る