ラヴィータ
医療法人ふじいやさか ラ・ヴィータ メディカルクリニック

HOME ≫ 統合医療 ≫ 点滴療法  ≫ 高濃度ビタミンC点滴療

高濃度ビタミンC点滴

もっとも優しい抗がん剤の1種

[ 超高濃度ビタミンC点滴 ]

もっとも優しい抗がん剤の1種
"高濃度ビタミンC"

25~100gのビタミンCを点滴することで、
美容効果、免疫向上、アレルギーや炎症低下、抗がん作用があり、
特に癌患者さんに対して、抗がん剤や放射線治療の副作用を減らしたり、
併用することで癌そのものを小さくする効果があります。
当院では他の点滴と組み合わせて、更なる効果を認めております。

がん細胞

がん細胞だけを選択的に攻撃するメカニズム

ビタミンCはブドウ糖と似た構造式を持っており、通常の細胞より多くガン細胞に取り込まれます。ビタミンCは体内で過酸化水素を発生させ、ガン細胞にダメージを与えます。
正常な細胞は、過酸化水素を分解するカタラーゼという酵素を持っているため、ビタミンCによる細胞障害は起こりません。
通常の抗がん剤は正常な細胞も攻撃してしまいますが、ガン細胞はカタラーゼが少ないために、ビタミンCがガン細胞だけを攻撃する抗がん剤として働くことができるのです。

高濃度
ビタミンCの
ナカミ

私たちの体はビタミンCの量を厳しく制御する仕組みを持っていて、
必要量を得た余分のビタミンCは尿として排泄してしまいます。

しかし、レモン2500個分に相当する量を静脈に点滴すると、
ビタミンCは栄養素としての働きとはまったく別の作用を発揮します。

  • ビタミンCの成人の摂取量は100㎎

    ビタミンC

    ビタミンCは、人間が体内で合成できない重要な栄養素で、代表的な機能といえば、体の老化にもつながる酸化を防ぐという働きです。厚生労働省による成人の1日あたりの推奨摂取量は100mgですが、服用しても体内への吸収率が低く、不足しがちです。

  • レモン2500個分に相当する点滴療法

    レモン2500個分

    人間の体は必要量以上のビタミンCが体内に入ると尿となり排出されますが、50~100gもの大量のビタミンCを点滴で注入すると、血中のビタミンC濃度は上昇し、免疫機能の増強、体内環境の向上が可能になります。

大量に点滴されたビタミンCは、ガン細胞の中で過酸化水素を発生し、
それによって、ガン細胞にダメージを与える抗がん剤として働きます。

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を高めるポイント

  • 3大療法

    3大療法との併用

    高濃度ビタミンC点滴療法は、ガンに伴う症状を軽減させ、患者様のQOL向上に貢献できます。
    もちろん、高濃度ビタミンC点滴療法のみでガンを治療すれば大丈夫というものではありません。
    ガンの治療方法である「手術療法」「化学(薬物)療法」「放射線療法」の3種類の効果増強や、副作用の軽減としても点滴療法は併用されています。

  • ビタミンC

    手術前のビタミンC

    ガン患者の方の多くは栄養状態や全身の環境が悪化している方が多いので、ビタミンCの補給で細胞を回復させ、免疫力を強め、天然の抗がん剤としても働いて、腫瘍を縮小させる効果も期待できます。
    このことから手術前に、ビタミンCの点滴を受ける人も多いですし、実際に回復が早まるケースも多くあります。


上へ戻る