ラヴィータ
医療法人ふじいやさか ラ・ヴィータ メディカルクリニック

HOME ≫ 統合医療 ≫ 点滴療法  ≫ 高濃度ビタミンC点滴療  ≫ 治療法・流れ

高濃度ビタミンC点滴

もっとも優しい抗がん剤の1種

[ 超高濃度ビタミンC点滴 ]

  • 問診

    1. 問診

    当院で診療される場合、下記のような資料があれば詳細に状況を把握できます。
    治療方針の参考になりますので、ご用意頂ければ幸いです。

    ・画像診断などの検査データ
    ・血液検査結果
    ・手術歴
    ・既往歴

  • 術前検査

    2. 検査(血液検査・バイオレゾナンス検査など)+治療方法提案

    病状や治療方針などにより、必要に応じた検査を行います。
    所要時間は、診察や検査・治療内容によって異なりますので、お時間には余裕をもってお越しください。
    ビタミンCを受けられる方の多くは免疫力が低下しており、血中の酸性物質が溜まり、腸内環境が悪化している方が多いです。
    当院では体の中の活性酸素や抗酸化力も測定可能です。

  • 点滴

    3. ビタミンC点滴

    点滴頻度は、通常は週2~3回の点滴を行いますが、病状の進行具合や進行速度によって、点滴の頻度も異なります。
    基本的に2~3ヵ月でビタミンC点滴が有効か反応を診ます。
    また、ガンの場合はビタミンCだけで治療することは少なく、オゾン療法などの他の点滴療法と併用するケースが多く、ビタミンCがガンに届きやすいように、血流の問題も解決していきます。
    体の変化は患者様によって異なりますが、体が楽になった、食欲がでてきた、体重が増えたなどの変化が感じられ、バイオレゾナンスや血液検査でも結果反応を測定します。


上へ戻る