MENU

統合医療のラ・ヴィータ統合医療クリニック医療法人ふじいやさか
ラ・ヴィータ統合医療クリニック
  1. 06-6203-1180
    (受付時間 9:30~18:00)
  2. BLOG
  3. 料金一覧
  4. 初診の方へ
  5. アクセス
クリニック 特徴 診療案内 統合医療 アクセス

自由診療のオーダーメイド医療

血液バイオフォトセラピー

細菌やウイルス感染に、即効性を体感できる療法
「血液バイオフォトセラピー」

殺菌効果の高い紫外線C波を専用の機械を用いて、体から抜いた血液にあてて、それを再度体の中に戻すという治療方法です。
左右どちらからの静脈から50mlから100mlの血液を抜いて、その血液に紫外線を照射して、体内に戻します。戻すときも血液に紫外線を当てながら戻します。
手足の血流がよくなり、代謝が上がってくるため、目や頭がスッキリしたと体感される方が多いです。

血液バイオフォトセラピーは、細菌やウィルスなどの体の中の病原体に対しても非常に有効で、紫外線を照射することで死滅が可能になります。また、バイオレゾナンスで調べるとガン患者の体内に病原体が残っていることも多く、紫外線の直接的作用によって殺菌・生物学的毒素を分解し効果的です。
※オゾン療法、血液バイオフォトセラピーの高い知識と技能をそなえた医師として認定され、また関西でも数少ない指導医としても活動しております。

片頭痛や慢性疲労

血液バイオフォトセラピーは、総じて痛みに対して即効性があることが挙げられ、酸化された血液を注入している間に効果が体感できます。炎症が起こると痛みとして神経が感じますが、その炎症を抑える働きがあるため、特に片頭痛には有意な効果が表れます。

血液バイオフォトセラピーの内容

紫外線を照射することによって、様々な毒素を分解し、各種の細菌・ウィルスを不活性化する抗感染作用があります。その作用により、感染症や敗血症、ウィルスに効果を発揮し、抗生物質で3~4日経っても熱が下がらない扁桃腺患者への治療で、1日半で熱が下がった例や、免疫系の賦活作用により、B型肝炎やC型肝炎、アメリカではHIVの治療にも用いられています。

治療内容 目安の頻度 疲労回復なら1週間に1回 悪性腫瘍なら週2回ほど
目安の回数または期間 疲労なら6、7回/悪性腫瘍なら一ヶ月半ほど
検査 G6PD
費用 100ml:18,000円
使用する抗凝固剤による副作用 ヘパリンナトリウム
(重大な副作用(頻度不明))
・ショック、アナフィラキシー
・出血
・血小板減少、HIT等に伴う血小板減少、血栓症
クエン酸ナトリウム しびれ
未承認医薬品等であることの明示、入手経路等の明示 本治療に用いる未承認医療機器は、医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものですが、「医師等の個人輸入」により適法な輸入許可を得ています。
日本では、未承認医療機器を、医師の責任において使用することができます。
未承認医療機器についての情報「個人輸入において注意すべき医薬品等について」もご覧ください。
国内の承認医薬品等の有無の明示 本治療に使用できる同一の性能を有する他の国内承認医療機器はありません。
諸外国における安全性等に係る情報の明示 本治療に使用する専用器具は、EU内における医療機器として認証されたものです(認証年月日:1993年6月14日)。

―統合医療―

医療法人ふじいやさか
ラ・ヴィータ統合医療クリニック
<循環器内科・外科>

〒541-0042
大阪市中央区今橋1丁目7-19
北浜ビルディング10階
Tel.06-6203-1180 Google Map