ラヴィータ
医療法人ふじいやさか ラ・ヴィータ メディカルクリニック

HOME ≫ 統合医療 ≫ 自然療法 ≫ ホメオパシー

ホメオパシー

日本ホメオパシー医学会認定医のホメオパス

[ ホメオパシー ]

200年以上前からヨーロッパで確立されている治療法"ホメオパシー"

ドイツのハーネマン医師が提唱した同種療法で、自己治癒力を引き出すものです。

ホメオパシーは世界保健機関(WHO)が認めるように、現在世界の80カ国以上で用いられている補完・代替医療(CAM)です。特に欧州では約30%のセルフケア利用率を含め、発祥国のドイツでは家庭医全体の75%がホメオパシー薬を処方しています。日本における漢方のような存在です。
  • homoeopathy

    西洋医学のように、症状を抑え込む療法とは正反対の、「症状には同じような症状を出すものを天文学的に希釈振盪して与える」という「同種の法則」に基づいています。
    症状は体からにしろ、心からにしろ、必要があって表出しているのであり、同種療法によって症状を出し切ることが治癒につながるという考え方です。
    ハーネマンはこの「同種の法則」に、症状を起こすものを非常に薄め活性化(希釈振盪)して使うことにより、物質の悪影響もなく、情報パターンだけを与えることで安全で体にやさしく常習性を持たないホメオパシー療法を完成させました。

ホメオパシーの
基本原則

  • 類似

    類似の原則

    同種の原則、単一レメディーの原則、最小投与の原則の考えに基づきながら、実践を伴わせた安全な治療法。

  • 投与量

    最小限の投与量

    最も短期間で、最も確実に、最も負担なしに、心身のすべてにわたって病気を除去し根絶するという、ハーネマンの教えに基づいた実践的な治療。

  • エネルギー

    エネルギーの調和回復

    すべての病気は、エネルギーシステムの異常から始まります。生命エネルギーであるバイタルフォースの乱れを調和します。

  • ホリスティック

    生体全体を治療

    肉体・エネルギー体・心も含めた生体を、ホメオパシーの可能性を狭めることなく、生体全体を治療します。


上へ戻る