ラヴィータ
医療法人ふじいやさか ラ・ヴィータ メディカルクリニック

HOME ≫ 統合医療 ≫ 自然療法 ≫ 東洋医学

東洋医学

体質改善・予防の発展を遂げた伝統医学

[ 東洋医学 ]

生体を総合的・全機的に把握し、
体質改善・予防の発展を遂げた伝統医学

人間を自然の一部とみなし気、血、水で構成されていて、
それらの問題で不調が起こってくるとしています。
病名よりも病状を診て、診断します。

四診

顔、舌、脈、腹を診ることで、どこに問題があるのかを診断します。

東洋医学における診察方法には、望診・聞診・問診・切診の4つがあります。
顔色・皮膚の色・舌の様子など視覚を用いる望診、声の調子・体臭・口臭など聴覚と嗅覚を用いる聞診、既往歴だけでなく患者様の体質傾向など様々な状態を問う問診、脈診や腹診を用いる切診の4つを統合して、体質を見極め治療方法を決定します。

当院ではバイオレゾナンスに基づいた漢方の処方も行っており、一般的な効能と違った効能を提供しています。
漢方薬は保険治療のものを用いています。
  • 経絡

    続いて、脈診から経絡(ツボの流れ)をみていきます。

    その部分の経絡を鍼灸(はりとお灸)で刺激して、体質を強化していきます。

    脈診は頭骨動脈拍動部を人差し指・中指・薬指の3本の指で押さえ、それぞれ脈の浮沈の位置、回数、形状、勢いなどを観察します。心臓から拍出される血液量やコレステロール、活性酸素などによる血管の柔軟性の変化など、あらゆる面から鑑別し、不調な臓腑とつながっている経絡を鍼灸で刺激して、体質を改善してきます。


上へ戻る