ラヴィータ
医療法人ふじいやさか ラ・ヴィータ メディカルクリニック

HOME ≫ 統合医療 ≫ 自然療法 ≫ 東洋医学 ≫ 鍼灸

東洋医学

体質改善・予防の発展を遂げた伝統医学

[ 東洋医学 ]

体の表面に無数にある経絡上にあるツボを刺激すると、刺激は脊髄から脳に伝わります。
胃腸や心臓などの内臓は自律神経とつながっており、自律神経は脊髄と連絡しているので、
経絡を刺激すれば内臓に働きかけられ、全身のバランスを調整することができます。

治療針

髪の毛よりも細い治療針

治療に使用する針は太さ0.1~0.2mmで、普通の注射針の半分以下です。
体調を考慮しながら、症状や使用目的によって鍼の長さ・太さ・種類を使い分け、皮膚に5~30mmほど確実にツボに打てる管鍼法で施術します。

更に当院ではバイオレゾナンスと組み合わせたハイブリッド鍼治療で施術しており、一般的な鍼治療よりも効果が持続します。

  • 灸

    ヨモギの葉、ビワの葉、ショウガのスライスの灸

    炎症を抑える効果や体をあたためる効果が高いので、冷えへの対応が得意です。鎮痛作用・殺菌作用・新陳代謝の促進などの効果があるヨモギなど、薬効があるものを灸に加え治療します。
    WHOでは経穴として361個が認められ、さらに奇穴と呼ばれるグループも48認められています。


上へ戻る