ラヴィータ
医療法人ふじいやさか ラ・ヴィータ メディカルクリニック

HOME ≫ Lavita Medeical Talk

Lavita Medeical Talk

ラ・ヴィータの最新情報をお届けします

Lavita Medeical Talk: 学術評価

  • Clinical Effects of Orally Administered Lipopolysaccharide
    Derived from Pantoea agglomerans on Malignant Tumors

    ATSUTOMO MORISHIMA and HIROYUKI INAGAWA

    It has been reported that oral administration of lipopolysaccharide (LPS) recovers an individual's immune condition and induces the exclusion of foreign matter, inflammation and tissue repair...

    LPS

  • /societydata/sikarenkei.jpg" alt="統合医療学会" class="pdfimg" />

    バイオレゾナンス(波動医学)を用いた医科歯科連携における新たな統合医療の可能性

    ラ・ヴィータメディカル×平澤歯科医院

    当院の統合医療にドイツの波動医学(バイオレゾナンス)を導入して以来、歯の金属が明らかになってきた。バイオレゾナンスを用いた医科歯科連携で、今後の新たな統合医療の可能性を事例をふまえて報告。

  • /societydata/issseem2015.jpg" alt="統合医療学会" class="pdfimg" />

    サトルエネルギー&エネルギー医学学会(ISSSEEM) @アメリカ

    Four clinical case studies in Oncology using Integrative Medicine with Energy Medicine

    /societydata/issseem1.jpg" alt="統合医療学会" /> /societydata/issseem2.jpg" alt="統合医療学会" /> /societydata/issseem3.jpg" alt="統合医療学会" />

  • /societydata/imj18.jpg" alt="統合医療学会" class="pdfimg" />

    第18回統合医療学会

    当院の統合医療におけるバイオレゾナンス(波動医学)の役割とその有効性

    当院の統合医療は多岐にわたるが、新たにドイツの波動医学(バイオレゾナンス)を導入した。これにより今までの統合医療がより効果的で、かつ的確なものになったためその役割と有用性について報告。

  • /societydata/imj17.jpg" alt="統合医療学会" class="pdfimg" />

    第17回統合医療学会

    乳癌多発性骨転移に対してエネルギー治療を取り入れた統合医療にて改善した1例

    人間の体を西洋学的にとらえる治療だけでは、限界、弊害があることが多くなってきており、特に癌などの慢性疾患に関しては顕著である。そこで西洋医学のみならず、東洋医学、分子整合医学などに加え、人間をエネルギー体(biofield)としてとらえるエネルギー治療を組み合わせることで、西洋医学だけでは治療が難しい症例も治療効果を高めることが可能であったため報告。

New TOPICS


上へ戻る